ジャイロキャノピー整備記録

現在乗っているバイクはジャイロキャノピーというものです。

それの整備記録をここに記します。


エンジンオイル交換


シリンダー内部の簡易清掃とアイドリング調整(2019年2月2日)

バイクの点火プラグを外して

そこに例のキャブクリーナーを注入して

数回キックしたあと、点火プラグをつけて数回キック

その後、プラグキャップを取り付けてエンジンがかかるまで

しばらくキックして始動させました。

アイドリングで白煙が出なくなるまで、待ってから

しばらく試乗したところ、エンジンの調子はかなり良くなりました。

点火プラグの取り付け穴から見るシリンダー内部は真っ黒でした。

このバイクはメーターが正しいなら買う前にすでに9万キロ乗られているのです。

この方法が正しいかどうかは謎ですが、しばらく様子を見るつもりです。

その後アイドリング調整を行いました。

必要だった工具


点火プラグ交換とキャブレター簡易清掃(2019年1月27日)

やはりエンジンの調子が悪く、

点火プラグが怪しいのではないかと

ホームセンターでカタログを眺めてみると

メーカー指定はBR8HSAと表記になっていることに気づく

いつのまにか以前のバイクで使っていた

前期用のBR6HSAを入れていました。

調子が悪いのはプラグの熱価が合ってなくて、

ノッキングが起きていたのではないかと推測しました。

ついでにキャブレタークリーナーを買ってきたので

缶の説明通り簡易的な清掃をしました。

必要だった工具

キャブレータ簡易清掃手順

  1. エンジンを5分暖気する

  2. エアクリーナーを取り外す、この時マフラーが熱いので注意

  3. エンジンを始動、止まらない程度に回転数を上げる

  4. エンジンが止まらない程度に、キャブレタークリーナーを吸入口に噴霧

    • 5回〜20回程度くらい返す
  5. エンジン停止

  6. エアクリーナーを取り付ける

  7. アイドリングを10分間行い、問題ないことを確認する

必要だった工具


点火プラグ清掃 (2019年1月25日)

エンジンの調子がわるいので、

以前回復したことがあるので念の為、

点火プラグを取り外して清掃しました。

必要だった工具


テールランプの交換(2019年1月8日)

ALLITEM

友人の指摘によりテールランプが切れていることがわかったので

交換しました。

近くのナフコで購入。値段は200円でした。

プラスドライバーで2本のプラスネジを回すと、カバーが開くので

中にあるランプ球を交換しました。

LAMP

必要だった工具