logo

Tag Archive for ubuntu11.10

ubuntu11.10から 12.04のαへupgrade

ubuntu 11.10のdashにも慣れてきましたが

/dev/sdaがdmesgにerrorをはいて止まったりします。

シリアルケーブルが抜けかけてるのかと思っていろいろ試して見ましたが

どうも調子が悪いので、HDDの問題と切り分けれることを期待して、まだ不安定かもしれませんが

あたらしいunityも使えるようなので

ubuntu 12.04のαにアップグレードしてみます。

やり方は簡単です。

ここに書いてありました。

 

「alt+F2」でコマンドを実行を開いて、

update-manager -d

でupdate-managerを-dオプションつけてたち上げるだけです。

そうすれば12.04にアップグレードできます。と表示出てきます。

 

 

 

さてそれでは進みましょう。1603個のパッケージがアップグレードされるとのこと。

ただいま記事を書きつつです。それでは期待を込めて

 

アップグレード開始

特に何事もなく終了

多分正常に動いています。

UbuntuからSSHのport forwardingを使ってsocks経由でVNCを使う方法

題名が非常に長くなりました・・

外出先からVNCを使いたいけど、VNCの通信を暗号化したいしルーターのポート設定を変えたくない

そして、SSHが立ち上がってるサーバーがある。という方には丁度いい方法だと思います。

つまり、簡略化すると

外出先からSSHで接続して、内部ネットワークのVNCを使う方法です。

 

Windowsではputtyでダイナミックフォワードでsocksプロキシサーバーを立て、sockscapというソフトでUltraVNCなどのソフトウェアを使って同じことができます。

sockscapは今ではネットに落ちてるものしか無いですが、どんなソフトウェアでもsocks経由に変換できてしまうこのソフトは歴代フリーソフトの中でも名品のうちなのではないでしょうか。

今回はLinuxで同じ事をするという話

まず、linuxのOpenSSHでdynamic forwardingをする方法


ssh -D 1080  (user)@(host addres) -i keyfile

(-i keyfileは鍵を使ってログインする場合のみ必要です。)

です。これでログインすればlocalhostのport1080が、socks proxyとして動作するようになります。したがってこのsocksプロキシをつかえるようなVNCのソフトがあればいいのですが・・・

ありました。

ssvncというソフトです。ココらへんを参考にしました。

早速インストールします。


sudo apt-get install ssvnc

ssvncを立ち上げたら

こんな感じで設定します。

SSHなどのチェックはVNCサーバーの方で設定してない場合Noneにします。

そしてconnectを選択すると

無事接続されました。

 

今回の接続のまとめ

自分(Linux Ubuntu ssvnc) → WAN → SSHサーバー(ダイナミックフォワード -D 1080) →  LAN → VNCサーバー(IP 192.168.*.*など ポート590*)

肝心の速度ですが、操作に問題はない速度です。

VPNだとUDPでしかトンネルを掘れない場合があり使えないことがありますが、sshのポートフォワーディングを使った場合TCPで接続できるので、ほとんどのネットワークで使えるのもいいところです。

 

utuntu11.10でaa-libのBBの音を出す方法

AAlib:http://aa-project.sourceforge.net/aalib/

BB:http://aa-project.sourceforge.net/bb/

BBというコマンドがあります。


sudo apt-get install bb

でインストールできるのですが、インストールできても肝心の音が出ません。


こんな感じのAAでデモが流れるコマンドです。

残念なことにこのbb 、ubuntuでインストールは出来るんですが

そのままでは音が出ません。ソースを追いかけてみてわかったのは

s3mという拡張子の音を出すのにmikmodというプレーヤーのライブラリを使ってるようです。

  • 余談ですが、このmikmodプレーヤ、コマンドラインから使えて結構いいかんじです。

そして、古い汎用サウンドシステムOSS(Open Sound System)で/dev/dspなどに音を出してるようでした。検索してみると aossという、OSSサウンドAPIアプリからALSAライブラリ経由で音を出す。というコマンドがあるようです。


sudo apt-get install alsa-oss

ではいると思います。

そしたら


aoss bb

これでバッチリ音が出ました。

便利なコマンドですね。

これでじっくりbbを実行できます。

ubuntu11.10 スクリーンセーバー(rss-glx)の導入

 

ubuntu 11.10はスクリーンセーバーがなくなりました。

寂しいのでインストールします。

今回はちょっとかっこ良さそうなrss-glxというスクリーンセーバーを導入します。

xscreen-saverをまずインストールします。

やり方はここのサイトを参考に

gnome-screensaverを消して、xscreensaverをインストールします。

ついでにいろいろ入れます。


sudo apt-get remove gnome-screensaver
sudo apt-get install xscreensaver xscreensaver-gl-extra xscreensaver-data-extra

つぎに、Unityの右上のメニューから

自動起動するアプリケーションを選び「追加」で

 

ここでの入力は参考にしたサイトそのままにしました。

コマンド


xscreensaver -no-splash

そして次にrss-glxをインストールします。

Really Slick Screensavers Port to GLXというらしいです。

どんなスクリーンセーバーかという見本が下のリンクから見えます。

http://rss-glx.sourceforge.net/screenshots.shtml

フルカラーのスクリーンセーバーです。綺麗ですが、結構重いかもしれません。

それではまずapt-getでインストール


sudo apt-get install rss-glx

つぎに、


sudo /usr/bin/rss-glx_install

とすればインストール完了です。

dashのメニューでスクリーンといれれば「スクリーンセーバー」というアプリケーションがありますのでそこでxscreensaverの設定ができます。

ちなみに今回の場合だと100個くらいの大量のスクリーンセーバーがインストールされます。

rss-glxのインストールに成功していれば、cycloneやHyperspaceなどが選べるようになっているはずです。

ubuntu 11.10 (Oneiric Ocelot)リリース

なんかもうリリースされてるようです。

http://releases.ubuntu.com/

Ubuntu 11.10 (Oneiric Ocelot)

http://releases.ubuntu.com/oneiric/

 

 ubuntu-11.10-desktop-amd64.iso.torrent
 ubuntu-11.10-desktop-i386.iso.torrent

torrentも来てるようです。

カウントダウンはまだ7時間残ってますが・・

windows8 windowsXP ubuntu の環境

ubuntu 11.10が明日リリースとのことで

ひと足お先に、ベータをインストールしました。

そこで、VMware PlayerでWindowsを入れてみたので試しに

スナップショットを

 

やっぱり仮想環境との相性のせいかwindows8がちょっと重いですが、

これで環境的には非常に便利になりました。

ubuntu11.10 デスクトップ環境を試してみる GNOME Shell Xfce Unity

ubuntu10.10はgnomeで使っていたので

ubuntu11.10のUnityが使いづらく感じます。

ちょっと表示が大きすぎるのと、アプリケーションを呼び出すのに

時間がかかります。そこらへんがどうにかなればいいのですが

 

ということでためしにGNOME Shell (GNOME3)とXfceをいれてみました。

両方共ppaからインストールしました。

 

Unity

 

GNOME shell クラシック

いつもの感じですが、メニューが太いです。

 

GNOME shell

動作は概ね軽快です。

設定でどうにかなるのかもしれませんが、

片側の画面だけしか移動できないです。これはvmwareで2画面使うには

問題が発生します。

 

 

そしてこれがXfce

動作は軽快でいいです。ただし、画面の効果がもう少しあってもいいかもしれません。

 

2画面使うことを考えるとやはり画面切り替えは2画面が移動してくれたほうがいいため、Xfceが一番使いやすいようにおもいます。