logo

Tag Archive for ubuntu10.10

utuntu11.10でaa-libのBBの音を出す方法

AAlib:http://aa-project.sourceforge.net/aalib/

BB:http://aa-project.sourceforge.net/bb/

BBというコマンドがあります。


sudo apt-get install bb

でインストールできるのですが、インストールできても肝心の音が出ません。


こんな感じのAAでデモが流れるコマンドです。

残念なことにこのbb 、ubuntuでインストールは出来るんですが

そのままでは音が出ません。ソースを追いかけてみてわかったのは

s3mという拡張子の音を出すのにmikmodというプレーヤーのライブラリを使ってるようです。

  • 余談ですが、このmikmodプレーヤ、コマンドラインから使えて結構いいかんじです。

そして、古い汎用サウンドシステムOSS(Open Sound System)で/dev/dspなどに音を出してるようでした。検索してみると aossという、OSSサウンドAPIアプリからALSAライブラリ経由で音を出す。というコマンドがあるようです。


sudo apt-get install alsa-oss

ではいると思います。

そしたら


aoss bb

これでバッチリ音が出ました。

便利なコマンドですね。

これでじっくりbbを実行できます。

ubuntu にVMware-Player-4.0.0をインストール

VMware-Player-4.0.0が公開されたというので試しにインストールしてみました。

3.14からのアップグレードです。

まず、登録したアカウントでダウンロードしてきます。

このパソコンは64ビットなのですが、32ビットのカーネルをインストールしてるので仕方なく

32ビット版の.bundleを落としてきます。

インストールは簡単です。.bundleファイルはシェルスクリプトなのでそのまま、実行すれば

インストーラーが立ち上がります。


sudo sh ./VMware-Player-4.0.0-471780.i386.bundle

 

こんな画面が出てアップデートできます。

されそれでは起動します。

 

こんなんでました。ACCEPTしないと進めません。

おー!と思ったのですが

画面は3.14と何ら変更がありません。

 

windowsXPをそれでは実行してみましょう。

 

 

毎度おなじみのVMware Toolsのインストールです。

 

クライアント側(WindowsXP)でもインストールします。

やり方はVirtual MachineのUpdate VMwaretoolsみたいなタブをクリックすれば始まります。

終わったらクライントを再起動します。

問題なく使えました。

ubuntu10.10でyoutubeを視聴するMinitube

ubuntu10.10でyoutubeのHD動画を再生するソフトに

Minitubeというのがあります。Ubuntuソフトウェアセンターからインストールできるのですが、

うまく動作しません。具体的には動画が再生されません。

解決方法はこちらに乗っていました。

sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8
sudo apt-get update 
sudo apt-get install minitube

 

 

ubuntu10.10上のvmplayerでwindowsXPマルチモニタ環境

前回の記事より

それではVGAを取り付けられたので起動させます。

問題発生:そのままでは、Xは起動しませんでした。

いろいろ考えた末、多分ATIのプロプライエタリドライバが入ってるせいではないかと考え、

一旦、VGAを抜いて、元の環境で起動させます。

そしてATIのプロプライエタリドライバーを消します。

そして起動させると

ちゃんとXが起動しました。

そして、追加のドライバからあたらしくNVIDIAのプロプライエタリドライバーを入れます。

 

 

 

 

そうするとちゃんと入りました。

 

そしてこれからが本題のvmplayerのマルチモニタ化なのですが

 

 

NVIDIAのドライバの画面モードには

Separateと

Twinがあります。

Separateだと、両画面にGNOME PANELが表示されていい感じなのですが

vmplayerのマルチモニタ化ができません。

いろいろ、やってみて、

そこでtwinにしました。

 

こんな感じです。

 

vmplayerのvertual machine設定画面でモニターを2とします。

そうすればモニターが2個あるパソコンとして起動します。

 

 

 

そうすればこんな感じになります。

windowsとlinuxのハイブリット画面です。

最終目的は、XPのマルチモニタですが、起動し終わったらXPのディスプレイ設定から

2個目のモニターを有効にします。

そして、vmplayerの上部にでるモニターのようなボタンをクリックすれば2画面が

正常に表示されます。

こんな感じになります。

texWorkは2画面だと非常に使用しやすいです。

非常に快適な文章編集画面が出来上がりました。

 

ちなみに引いてみるとこんな感じになります。

 

ubuntu10.10 kernel アップデートすると画面が乱れる

ubuntu 10.10を使用してるのですが

カーネルアップデートがあるたびに

なぜか画面が乱れます。

ちなみに使用しているkernelは

Linux  2.6.35-30-generic-pae #54-Ubuntu SMP Tue Jun 7 20:28:33 UTC 2011 i686 GNU/Linux

です。この症状がでるようになったのはpaeに変えてからのような気がします。

なんというか線が入るようになります。画面が非常に見えにくくなる。

そして、視覚効果が勝手に無効になります。

原因がよくわからないのですが

新しいユーザーを作成して、そっちでログインすると正常に

表示されるので、ユーザーの設定が関係してるのだとは思いましたが

よくわかりません。

でとりあえず、ATIのプロプライエタリドライバを消して再起動してみました。

なんかログインの画面は正常になりました。

でもう一度プロプライエタリドライバをインストールしてみる。

治らない・・・

視覚効果を通常を有効にしてみる。

ドライバを探していますのような画面がでます。

一瞬画面が変わってこのままの設定を使いますか?

のような質問が出るので「はい」を選択

なぜかこうすると治りました。

よくわかりませんがcompizの関係なんでしょうか。

 

もしおなじ症状で悩んでいる方がいましたら、

参考までに

 

追記:症状は違いますが、こちらのサイト様に

有用な情報が乗ってました。ATIでcompizを使用してる場合

Sickly Life 2011年5月8日

Ubuntu 11.04でRadeonのパフォーマンスを向上させる方法

 

ubuntu10.10をいれてvmplayerでwindowsXPを動かす

ubuntu10.10を使ってるんですが、

celelon2.4GHzがあまりにも遅く作業に支障が出るため

MB:メモリ:CPUを新調し(と言っても中古品)

快適に動作するパソコンを一台組み上げてみました。

 

CPU:Phenom X4 9950 Black Edition

メモリ:DDR2 2GB

MB:ASUS M3A78-EM

 

間違って適合しないCPUを選んだので、マザーボードまで変えることになります。

とりあえず、CPU、MB、メモリなどを入れ替えてそのまま起動するか試したところ

普通に起動しました。

ubuntu結構すごいです。

 

でそこから間違って、最新のubuntu11.04に移行したのが問題でした。

unityというパネルに変わっていたことで、なんかエラーが出てうまくパネルが

表示できなくなりました。いろいろ調べた結果、元に戻したほうがいいということで

ubuntu10.10をインストールし直しました。と言っても、/bootと/と/homeを事前にパーティションを分けてインストールしていたので、/bootと/を入れ替えるだけで元に戻りました。アプリケーションは消えましたが、apt-getですぐに入れ替えることもできました。

 

ということでパソコンも速くなったので、XPを仮想環境で動かそうと思い、

vmplayerをインストールしました。

vmplayerはHPから

VMware-Player-3.1.4-385536.i386.bundleを

ダウンロードして使いました。

これをダウンロードして


sudo bash VMware-Player-3.1.4-385536.i386.bundle

とすれば、簡単に導入できます。方法が乗っているページ

で。XPを入れました。導入の方法については

VMware PlayerにXPモードをインストールする方法

が詳しかったです。

そうすれば、普通にインストールできまして、

さらに、2コア動かそうと

VMware Player 3の XP Mode をマルチコアで動かす方法

ここをみて、2コアXP上で認識させてみます。

そうすればあら不思議、linuxをつかってるのかXPをつかってるのかわからない

パソコンができました。

ちゃんと、XP上で2コアが認識されています。

全画面でXPをひらくともはやwindowsXPそのものです。

 

windowsキー+eで展開したデスクトップビューは

 

こんなになりました。メモリが2GBだとちょっと足りない様ですが、

なんとも快適な環境なのは確かです。