logo

Tag Archive for HDD

SSDのベンチマークと現状

大した話題ではないですが、最近の様子を

ubuntu12.04LTSをそのまま使い続けています。

現在のkernelは3.2.0-34-genericで非常に安定しています。(過去最高レベル?)

vmwareも問題なく動いています。

 

def@fine: ~_004

 

Disk Utility_006

ついでに、SSDのベンチマークをやってみました。

使用したSSDはintel SSDSC2CT060A3と表示がありました。

ちなみに上のソフトウェアは多分ubuntuには標準で入ってると思います。

60 GB Solid-State Disk (ATA INTEL SSDSC2CT060A3) – Benchmark_007

測定結果がこちら、まずまずといったところなのでしょうか。

数値で正確なのが見えるのもいいですが、たまにはこういう

グラフィカルなのもいいですね。それとこのベンチマークの場合

時間的な変化も見えます。極端にシークが遅くなるタイミングがあるなど

問題があるHDDを見つけるのにも使えるかもしれないです。

ちなみにこのソフトでリードライトの測定はファイルシステムがないディスクが必要です。

 

HDDがクラッシュしたので新しいSSD環境に移行 ubuntu12.04LTS

 

HDDがクラッシュしてどうにもならなくなったので

DVDからブートしたrescue用のディストリビューションでバックアップを行い

HDDをSSDにかえて再スタートすることにしました。

 

今回、購入したのは

INTEL SOLID-STATE DRIVE 330 SERIES

で予算の関係から60GB品です。

320GBのHDDからの移行なので大丈夫かと思いましたが

新規インストールしてみればそれほどでもないようです。

まずOSだけインストールしたところで4GBくらいでした。そして、

VMware Playerをインストールし、windows XPのイメージを移行させたところ

これが25GBであわせて約半分まで使ってしまったのですが、

VMware PlayerのVMtoolsからドライブの圧縮というのをやって仮想イメージを

圧縮したらなんと8GBまで圧縮されました。おかげで、合計で/の使用量は30%にとどまっています。一見落着です。

SSDにかえて、劇的に速度が上がったような感じではありませんが

クリックをしたときとapt-get install の待ち時間が大幅に減ったような気がします。

ためしにベンチマークをやってみました。HDDはクラッシュしてるので比較できませんが・・

ベンチマークにはbonnie++というのが良いという事で早速インストール

apt-getですぐに入りました。


sudo apt-get install bonnie++

そして、/tmpに対して実行してみます。


bonnie++ -d /tmp

結果


Version  1.96       ------Sequential Output------ --Sequential Input- --Random-
Concurrency   1     -Per Chr- --Block-- -Rewrite- -Per Chr- --Block-- --Seeks--
Machine        Size K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP K/sec %CP  /sec %CP
fine             8G   858  99 242543  38 119656  23  3442  99 276928  25  9656 200
Latency             12171us     132ms     265ms    5100us    7295us    2184us
Version  1.96       ------Sequential Create------ --------Random Create--------
fine                -Create-- --Read--- -Delete-- -Create-- --Read--- -Delete--
files  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP  /sec %CP
16 +++++ +++ +++++ +++ +++++ +++ +++++ +++ +++++ +++ +++++ +++
Latency              1017us     773us     773us     802us     113us    2292us

シャーケンシャルのブロック単位の書き込みが243[MB/s]で読み込みが277[MB/s]で、まずまずといったところ。

ランダムアクセスは9.6[MB/s]というような感じのようです。Chr単位の読み書きが異常遅いような気もします。

 

 

ディスクトップ環境はGnomeのCairo-dockにしました。

とても使いやすいです。

クラッシュも心なしか少ない気がします。

 

dailybuildだと変わってなかったのですが、プリンターのドライバーが自動でいい感じに入りました。

心機一転、ubuntu12.04LTSです。

SSDにかえるともはやHDDに戻れないかも・・

SCSIデバイスを再起動せずに、認識させる方法

どうやってやるのかと思って、調べたら、

ここに書いてありました。


echo "- - -" > /sys/class/scsi_host/host0/scan

などとすれば良いようです。

host0のところは


cat /proc/scsi/scsi

でみえるバスの番号をいれます。

これで、再起動することなしにRAID構成を変更することができます。

再起動せずに、コマンドを打ったあと、fdisk-lとうつとちゃんとsdbとして認識してました。


Disk /dev/sda: 146.8 GB, 146813222912 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 17849 cylinders
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1          13      104391   83  Linux
/dev/sda2              14       17849   143267670   8e  Linux LVM

Disk /dev/sdb: 72.8 GB, 72800534528 bytes
128 heads, 32 sectors/track, 34714 cylinders
Units = シリンダ数 of 4096 * 512 = 2097152 bytes

デバイス Boot      Start         End      Blocks   Id  System

HDDを分解する

MAXTORのHDDを捨てる前に中を見てみました。

星型のねじも回せます。

シールの下にねじがあります。

ディスク

ヘッドの駆動部分にものすごい強力な磁石があります。

ヘッド

指紋がついてしまいました。

ディスクを取り出しました。

部品を取り外したHDDのケース