logo

Tag Archive for CPU

TOSHIBA J80のCPUをCore2DuoT8100に載せ替える

元ついていたCPUはINTELのCeleron 585というCPUです.

コアも1つなのでせっかくですからCore2Duoに変更することにしました.

調べによるとX9000 Extreamという名前からしてハイスペックなCPUがつきそうでしたが

値段が高いのでT8100という安価なものを選びました.

さてそれでは分解を始めます.

 

裏のネジを外します.

IMG_0709

キーボードはどのパソコンでもだいたい同じです.電源ボタンのカバーを外して,

ネジを外してスライドさせたら取れます.

ネジがいろいろな種類があるので,並べながら分解します.

IMG_0710

あとで気づいたのですが,丁寧にこのパソコンにはネジ穴の近くにネジの長さが書いてありました.

そこを見れば組み立ても簡単です.

IMG_0711

さて,色々外しましてここまできました.

IMG_0712

めざすCPU はこちらです.

ちなみに下のCPUが新しくつけるCPUです.

このCPUクーラーを外すためにはもう少しだけ外す必要がありました.

IMG_0714

CPUクーラーを外すために外した電源スイッチ

IMG_0715

新しいCPU

IMG_0716

クーラーが外れました.

というわけで載せ替えて,元通り組み立てます.

グリスもたくさん塗ってあったのでそれを伸ばして使いました.

IMG_0717

起動確認中

IMG_0719

正常に動作しました.

2コアになっています.

IMG_0720

これが交換前のスコア

IMG_0721

交換後です.

プロセッサが少し上がりました.

このノートパソコンは裏にパラレルポートなどたくさんI/Fがついています.

最近では珍しいです.そういうことで,実験で使うという方に譲りました.

CF-R5のヒューズを探してみる

 

 

CF-R5のバックライトにヒューズがあるとのことで

興味がありましたので、簡単ではありますが捜索してみました。

しかし結論から言うと、発見できませんでした。

追記:発見できました.下の方を見てください

 

もしかしたら役に立つ人もいるかも知れませんので、

写真をとってみました。

誰か詳しい人もし見つけたら教えて下さい。

 

まずパームレストとCPUクーラーなどをとった全景

メイン基板は意外に小さいです。

 

CPUとMBのチップ付近を拡大

もし、液晶のバックライトのヒューズがあるならこのあたりにありそうなのですが

見つかりません。

 

メイン基板のみ

 

メイン基板、ディスプレイコネクタ付近

基盤を取り出すにはここのディスプレイの六角を回さないと外れません

 

メイン基板裏

裏にはメモリや周辺機器が色いろついてます。

 

メイン基板裏の液晶へ接続されてる付近の写真

ここでもヒューズらしきものは確認できず

 

メイン基板 (これはどこだったかな)

 

メイン基板表のHDD接続部付近

 

 

メイン基板表CPU付近

右の方につながっているフレキシブルはPCIスロットです

 

もうすでに出たかもしれませんが

メイン基板裏、液晶接続部付近

ピンが出てるのは充電池の端子です。また手前の白いものは

モデムです。

 

中に入っていたHDD

SSDに変えたい・・・

 

再度メイン基板のチップ付近

 

 

メイン基板表の無線LAN付近

アンテナようの同軸が2本ついています。

正直言って、CF-R5の無線LANは感度が悪いです。このへん載せ替えたりしたら改善するでしょうか?

 

 

メイン基板CPU付近

 

 

メイン基板 電源スイッチ付近

MACアドレスが・・ちょっと気になりますがすぐに書き換えられますし

 

CPUはSL8W6

というものですね

http://www.cpu-world.com/sspec/SL/SL8W6.html

 

 

 

ということで、なんか写真をとってみただけですが、今度この撮影の際に

なんとパームレストのフレキシブルケーブルを壊してしまいました。

ので近々もう一度分解します。

 

もう時代遅れになって来ましたが、CF-R5は電池の持ちもよく、メールや・インターネットを見る分には速度もそれなりにあるので、サブ機には結構いいと思います。

 

 

追記

SmallFune様よりフューズの場所を教えていただきましたので、

試しにわかりやすく写真に記しをつけてみました。

 

画像はクリックして拡大してみてください。

まずフューズの表記はこの写真にありました。

“F1 2A”と”F2 2A”がみえます。先頭の文字が部品番号で後ろの□Aがヒューズの定格遮断電流ですね。

その近くに2という数字が書いてある部品があります、コレがフューズのように思われます。

 

ピンぼけで見にくいので

こちらの写真の左上の方を見てください。

赤丸でかこってあるのがフューズです。この写真ではコネクタに隠れていますが

上の写真にある”F2 2A”の表記とあわせて確認すれば2と書いてある部品がフューズだと

考えることができます。F1 2Aがどうもバックライトに関連してるようです。

 

おまけに”F3 6.3A”はメイン基板の裏側にあるようです。

 

SmallFune様ありがとうございました!!

 

CPUの交換

さてこれが本体です。

すぐ外せます。

ふたを開けました。

上に上がります。

FUJITSUのパソコンはサーバー専用機のようにメンテナンスが楽です。

CPUクーラーが結構硬かったですが何とか外せまして

SL6WFがついてました。

ダクトを戻して完了です。

10Wほど電力消費があがりました。

サーバーのCPU・メモリの交換

前回の反省点を踏まえてCPUをもっといいやつにしてみました。

SL8UCです。

元のCPUに比べてコアが2つあるのか巨大化しています。

しかしピンの数は一緒なので付きます。

そして、前回なぜか効果のあったグリスを塗ります。

しかしここで問題が!

このマザーボードは677MHzのクロックのCPUに対応していませんでした。

下調べが足りなかったようです。

結局また元に戻しました。

つづいて、メモリの増設です。

1GBが4枚で4GBです。

とりつけたところ、メモリスロットは8個あるので便利です。

全部埋まりました。

こちらはすんなり動作しました。

サーバーのCPU変更作業

消費電力を下げるためにCPUの交換を実地しました。

IBM のラックマウントサーバー X346です。

これがその本体です。下のやつがそうです。

上はこんななってまして

上のこのレバーを上に引くとカバーが外れます。

CPUには透明のカバーがついてます。

これを外します。

CPUクーラーはレバー一個で固定されてるのでこれを外すと

CPUも右についてるレバーで外れます。

で外したのはいいんですが、裏を見ると

SL7PFの文字が

調べてみると交換用に買ったCPUよりいいものが入っていたようです。

結局元に戻しました。

が不思議な現象が・・・・

CPUグリスをシルバーグリスというのを塗って戻しただけで消費電力が下がりました。

たしかに数ワットくらい下がっています。・・

ちなみにこれはサーバー室全体の電力なのでこのサーバーは150W程度でしょうか