logo

Tag Archive for CF-R5

CF-R5のリチウムイオンバッテリーをセル交換と基板交換で治す

 

 

 

 

 

CF-R5をもう一台オークションで落札したのですが,電池パックが

充電できず,赤ランプ点滅状態になります.

どうしようか考えていましたが,

以前使っていたバッテリーの残骸と二個一できるんじゃないかと思いついたので,さっそくやってみます.

 

 

 

 

こちらが前に分解して,ゴミ箱に入れてあったリチウムバッテリー

 

 

 

IMG_1827

IMG_1828

 

今回はこれを故障したバッテリーパックを治す部品として使います.

 

 

バッテリーパックの分解の仕方は,そのやり方を知るまで,非常に大変でしたが

どこかのサイトで,捻じればよいということを知りました.

 

というわけで,おもいっきりねじります.

何度もねじっているとだんだん隙間が開いてきて

IMG_1829

こんなかんじで,少しずつ隙間が空いていきます.

 

 

IMG_1830

 

今回最も苦労したのはこの部分で,これはなかなか外れませんでした.

どうも接着剤がついてたようです

 

 

 

IMG_1831

こちらはすこし力を入れすぎて曲がってしまった部分

しかし,今回ねじったことで,カッターなどを使うより綺麗に分解出来ました.

 

 

IMG_1833

こちらが中身

上の開いたものと全く同じ作りです.

 

 

IMG_1834

外れたケース,ねじって外したので,塗装剥げもなく再利用できます.

 

 

 

さてここで,どの電池がだめなのだろうということで,試しに電流を流してみました.

そうすると,電流が流れないセルがあります.

 

IMG_1835

とりあえずこれを交換です.

 

 

 

IMG_1837

セルは直接はんだづけするのが大変そうなので,ある程度タブを残して切り取りました.

 

ところが,交換しても充電ランプは赤のままです,そこで,基板を取り替えることにしました.

 

基板とセルは金属板でつながっています,金属板を基板から抜くのは結構大変です.そこで,金属板を途中で切ってではんだづけすることにしました.

 

IMG_1840

基板に行く金属板はフラックスを塗って,はんだごてで溶かしながら貼りあわせてはんだづけします.

なかなか強引な感じですが,外れなければおkということで,

 

 

IMG_1838

ねじって分解した弊害もあります,タブが切れてます.

そこで,これは上のように線でつなぎました.

多分問題無いと思います.

 

さてそれでは,元に戻します.

IMG_1839

カチッカチッとうまいことは入りました.

 

 

 

IMG_1841

写真では赤に見えますが,

電源ランプは充電中の黄色になりました!!

バッテリー再生です.

 

これで,バッテリーについては問題がなくなったので,長いこと使えそうです.

バッテリーの充電ICに何かしないといけないかと思いましたが,なにもしなくても特に問題なく使えています.

CF-R5のヒューズを探してみる

 

 

CF-R5のバックライトにヒューズがあるとのことで

興味がありましたので、簡単ではありますが捜索してみました。

しかし結論から言うと、発見できませんでした。

追記:発見できました.下の方を見てください

 

もしかしたら役に立つ人もいるかも知れませんので、

写真をとってみました。

誰か詳しい人もし見つけたら教えて下さい。

 

まずパームレストとCPUクーラーなどをとった全景

メイン基板は意外に小さいです。

 

CPUとMBのチップ付近を拡大

もし、液晶のバックライトのヒューズがあるならこのあたりにありそうなのですが

見つかりません。

 

メイン基板のみ

 

メイン基板、ディスプレイコネクタ付近

基盤を取り出すにはここのディスプレイの六角を回さないと外れません

 

メイン基板裏

裏にはメモリや周辺機器が色いろついてます。

 

メイン基板裏の液晶へ接続されてる付近の写真

ここでもヒューズらしきものは確認できず

 

メイン基板 (これはどこだったかな)

 

メイン基板表のHDD接続部付近

 

 

メイン基板表CPU付近

右の方につながっているフレキシブルはPCIスロットです

 

もうすでに出たかもしれませんが

メイン基板裏、液晶接続部付近

ピンが出てるのは充電池の端子です。また手前の白いものは

モデムです。

 

中に入っていたHDD

SSDに変えたい・・・

 

再度メイン基板のチップ付近

 

 

メイン基板表の無線LAN付近

アンテナようの同軸が2本ついています。

正直言って、CF-R5の無線LANは感度が悪いです。このへん載せ替えたりしたら改善するでしょうか?

 

 

メイン基板CPU付近

 

 

メイン基板 電源スイッチ付近

MACアドレスが・・ちょっと気になりますがすぐに書き換えられますし

 

CPUはSL8W6

というものですね

http://www.cpu-world.com/sspec/SL/SL8W6.html

 

 

 

ということで、なんか写真をとってみただけですが、今度この撮影の際に

なんとパームレストのフレキシブルケーブルを壊してしまいました。

ので近々もう一度分解します。

 

もう時代遅れになって来ましたが、CF-R5は電池の持ちもよく、メールや・インターネットを見る分には速度もそれなりにあるので、サブ機には結構いいと思います。

 

 

追記

SmallFune様よりフューズの場所を教えていただきましたので、

試しにわかりやすく写真に記しをつけてみました。

 

画像はクリックして拡大してみてください。

まずフューズの表記はこの写真にありました。

“F1 2A”と”F2 2A”がみえます。先頭の文字が部品番号で後ろの□Aがヒューズの定格遮断電流ですね。

その近くに2という数字が書いてある部品があります、コレがフューズのように思われます。

 

ピンぼけで見にくいので

こちらの写真の左上の方を見てください。

赤丸でかこってあるのがフューズです。この写真ではコネクタに隠れていますが

上の写真にある”F2 2A”の表記とあわせて確認すれば2と書いてある部品がフューズだと

考えることができます。F1 2Aがどうもバックライトに関連してるようです。

 

おまけに”F3 6.3A”はメイン基板の裏側にあるようです。

 

SmallFune様ありがとうございました!!

 

CF-R5のメモリを1GB増設

CF-R5は標準で512MBのメモリが内蔵されています。

XPの環境だとそれでも十分ですが、TeXやfirefox,gitなどを同時に実行すると

やはりメモリ不足になっていまいます。

ということで、メモリの値段も下がってきたのでメモリを増設してみます。

amazonで買いました。

buffalo D2/P533

なんと6年間保証がついてます。

 

 

 

 

これが中身

これしか箱の中に入ってません。ということで箱は、すっからかんです。

 

いまはCF-Rシリーズはないみたいで非常に惜しい限りですが、

CF-R5の世代はまだRがあります。本体に大きな損傷がありますが、

この間の名古屋に行ったときに落として割りました。

機能には異常がないのでそのまま使っています。

で、メモリの入れる位置ですが、写真の場所のネジ一本外すとすぐにメモリーの差込口があります。

 

 

 

 

非常にお手軽です。

いままで液晶関係を分解してきたので、異常に簡単に思います。

 

それでは早速メモリを取り付けます。

 

ここで、このmicroDIMMは差込口に切れ込みがないため、差し込みの向きがわかりにくいです。

 

 

このbuffaloのメモリの場合シールが張ってある方を表として右のほうの角の形でわかります。

 

 

拡大したところ、メモリの端がこのようになってる方を右向きにして挿し込めばOKです。

 

 

 

というわけで早速起動すると1GBを認識して合計1.5GBになりました。

相性問題もなく全く問題なく使えています。

簡単ですね。

 

CF-R5の液晶が割れたので交換

あろうもことか、CF-R5を机から落としてしまい、液晶が割れてしまいました。

早速ですが、これは交換しなければということで、yahooオークションで

液晶部分の中古品を探して入手しました。おねだんは5000円ほどでした。

過去の分解記録などは

CF-R5の分解記録 tag:CF-R5

を参照してください。分解の方法もそちらに書いてます。

こちらが今回入手した物

中古ということですが、かなり綺麗でした。

 

 

 

 

 

裏面のネジをハズし、キーボードをはずせばこの状態です。本体と液晶部分を

接続しているネジが見えてきます。

左の接続部分の拡大図、なぜかネジがフィルムに隠れています。

右の部分、液晶を途中で固定できるために、右側の回転部は力をかけないと動かない

ようになっています。

左側の回転部はぐるぐると回転しますので新しく液晶部分を取り付けるときは

先に、右のネジを取り付ければ作業がしやすいです。

 

ということでもとに戻して完成です。

 

おっと、・・・・

 

CPUクーラーを忘れていました。

 

もう一回分解して取り付ければ無事起動しました。なんか液晶部分の傷が少ないので

前より新しくなった感じです。

成功です。

 

CF-R5 液晶ケーブル交換

今までの経緯などはタグCF-R5を参照ください。

前回液晶のケーブルを交換したのですが、また同じ現象になりました。

中古で購入したのが問題だったようです。

交換したケーブルも断線してるようです。

ということで新品を買いました。

世の中には素晴らしいサイトがあるもので、このような部品を小売してるところがあります。

お値段は2200円程度でした。

さて、それでは毎度のところまで来ました。

本当はここからが本番なんですが、ここでカメラを貸したため先の写真がありません。

なんとか、前回の手順通りにこじ開けまして、ケーブルを交換します。

交換したらちゃんと治りました。というわけで今回のバックライトが消えるのは一件落着です。

今回は

Panasonic  Let’sNote パソコン専門ショップ

shop8888

で購入しました。

CF-R5の液晶ケーブル交換

さてそれではここからはじめます。

症状としては、バックライトが液晶の角度を変えると消えるようになってしました。

これでは、画面が見えず作業ができないので、たぶんケーブルが断線してるのじゃないかと考えて、ケーブルの交換をやってみます。

ここまでの分解については前回の記事(タグCF-R5)をご参照ください

それではここから交換を開始します。

液晶のケーブルを慎重にはずします。

特に線の数の多いほう液晶ケーブルを抜くのはケーブルが細いため慎重にしたほうが良いみたいです。

それでは液晶の本体部分を分解していきます。

ネットで探したのですがいまいち資料がなかったのですが

つめをこじ開けるという情報を頼りに作業します。

左右にある4本のねじをはずせばあとは4方のつめだけでくっついています。

したがってこの部分をこじ開けていきます。

このとき、作業中に発見したのですが、つめの部分をダイレクトに攻めないと

なかなかあきません。

ほかにだれかが挑戦するときのために、穴の位置がわかるように画像をあげておきます。

パソコンを開いて液晶を見たときに左が天板の左側としています。

天板を左側から見たところ

天板を上から見たところ

天板を右から見た図 (つめの位置は左右対称です。)

天板を下から見たところ (これもつめの位置は上下対称になっています。)

こじ開けるこつは、このつめの位置に細いものを差しこむことのようです。

位置がずれたところに差し込んだ場合、なかなか天板がツメから外れませんでした。

なかなか苦戦しましたが、こつがわかると作業ははかどり、なんとか天板をあけることができました。

液晶パネルの裏はこのようになっています。

ケーブルを交換して元に戻すのですがこのとき。ACアダプタ付近のおき方を

迷いました。

分解するときは良く覚えておいたほうがよさそうです。

よくわからなくなった図 _あってるのかな?

一応直ったようなんですが、実は同じ問題が発生しました。

この問題も次回に続くでしょう。

交換したあとの残ったケーブルを分解してみました。

やはり断線していました。

となると交換したケーブルも断線してるのでしょうか。

CF-R5 パームレスト交換

分解方法については

http://blog.livedoor.jp/otaqe/archives/52135659.html

を参考にしました。非常にわかりやすいです。

インターネットでしらべたら分解方法が載っていたのでそれにあわせて作業をします。

まず裏面のねじ8本をはずします。そのうち2本は銀色のシールで隠してあります。

ねじは忘れないように磁気トレイにいれます。

ねじをはずしたらバッテリーのところにある。キーボード固定の金具をスライドさせてはずします。

このような薄いアルミです強く引っ張るとキーボード側のつめが折れるらしいので、慎重に作業します。

さてパームレストが見えてきました。

加えて右と左にある。ゴムで隠してあるところをピンセットで慎重に取って、ねじをはずします。

次はパームレストを固定してある7本のねじをはずします。

所長が視察にきていました。

さてパームレストを取り外すと大体の部品にアクセスできるようになります。

ところで今回はパームレストを交換するのが目的でしたので

取り付けて元に戻します。

何とか戻りました。

所長も起きました。