logo

Tag Archive for 交換

CF-R5のリチウムイオンバッテリーをセル交換と基板交換で治す

 

 

 

 

 

CF-R5をもう一台オークションで落札したのですが,電池パックが

充電できず,赤ランプ点滅状態になります.

どうしようか考えていましたが,

以前使っていたバッテリーの残骸と二個一できるんじゃないかと思いついたので,さっそくやってみます.

 

 

 

 

こちらが前に分解して,ゴミ箱に入れてあったリチウムバッテリー

 

 

 

IMG_1827

IMG_1828

 

今回はこれを故障したバッテリーパックを治す部品として使います.

 

 

バッテリーパックの分解の仕方は,そのやり方を知るまで,非常に大変でしたが

どこかのサイトで,捻じればよいということを知りました.

 

というわけで,おもいっきりねじります.

何度もねじっているとだんだん隙間が開いてきて

IMG_1829

こんなかんじで,少しずつ隙間が空いていきます.

 

 

IMG_1830

 

今回最も苦労したのはこの部分で,これはなかなか外れませんでした.

どうも接着剤がついてたようです

 

 

 

IMG_1831

こちらはすこし力を入れすぎて曲がってしまった部分

しかし,今回ねじったことで,カッターなどを使うより綺麗に分解出来ました.

 

 

IMG_1833

こちらが中身

上の開いたものと全く同じ作りです.

 

 

IMG_1834

外れたケース,ねじって外したので,塗装剥げもなく再利用できます.

 

 

 

さてここで,どの電池がだめなのだろうということで,試しに電流を流してみました.

そうすると,電流が流れないセルがあります.

 

IMG_1835

とりあえずこれを交換です.

 

 

 

IMG_1837

セルは直接はんだづけするのが大変そうなので,ある程度タブを残して切り取りました.

 

ところが,交換しても充電ランプは赤のままです,そこで,基板を取り替えることにしました.

 

基板とセルは金属板でつながっています,金属板を基板から抜くのは結構大変です.そこで,金属板を途中で切ってではんだづけすることにしました.

 

IMG_1840

基板に行く金属板はフラックスを塗って,はんだごてで溶かしながら貼りあわせてはんだづけします.

なかなか強引な感じですが,外れなければおkということで,

 

 

IMG_1838

ねじって分解した弊害もあります,タブが切れてます.

そこで,これは上のように線でつなぎました.

多分問題無いと思います.

 

さてそれでは,元に戻します.

IMG_1839

カチッカチッとうまいことは入りました.

 

 

 

IMG_1841

写真では赤に見えますが,

電源ランプは充電中の黄色になりました!!

バッテリー再生です.

 

これで,バッテリーについては問題がなくなったので,長いこと使えそうです.

バッテリーの充電ICに何かしないといけないかと思いましたが,なにもしなくても特に問題なく使えています.

ライブDIO_AF34_メーター球交換

 

 

 

 

電球が切れてたので

夜はしるとき速度が見えなくて困っていました.

ということで,メーター球を交換です.

 

ライブDIOにはH10という規格の電球が適用するようです.

訂正:間違えてました,正しくはT10のメーター球です.

 

 

ということで早速メーター付近をばらしていきます.

 

IMG_0742

今回はハンドル部分だけを分解しました.

すこし無理をしないと外れないため,車体によってはできない場合もあるかもしれません・

その場合はバイク前面のカウルから外していけば問題なく外れると思います.

IMG_0743

これがその電球

切れています.

 

今回はLEDをつけるためプラスマイナスがあります.

ということで,接続しキーを回して点灯するかテストします.

 

 

IMG_0745

これが外した電球

 

 

IMG_0751

 

交換後

 

LEDが白色なため微妙な緑になってしまいました.

黄色のLEDがあれば,もうすこしちょうどいい色になってたかもしれません.

 

 

ライブディオ AF34 リアショック交換

さていよいよ,ストラットタワーバーマンからもらった部品を取り付ける日が来ました.

なめて動かなかったボルトはSK11のノンスリップソケットというのを使ったら
いとも簡単に緩みました.

驚きです.

IMG_6655

というわけで早速,取り付けました.サイズが合ってないので,ワッシャーを3枚はさんでいます.

IMG_6657

上からカラ見たところ,

非常にギリギリでつきました.

さすがストラットタワーバーマンです.

IMG_6659

取り外した純正のリアショック太さが全然違います.

IMG_6660

全景

気温が上がってきて,キャブレターとエアクリーナのコネクティングチューブが取り外しやすくて良いです.冬場はゴムなので伸びにくく,なかなか取れませんでした.

IMG_6661

というわけで全部つけたところ

早速試乗したところ,純正のリアショックにあったボヨンボヨンと跳ねる感じはなくなりました.

このリアショックをくれた,ストラットタワーバーマンに感謝したいと思います.

ありがとう.

今回交換したショックは台湾製で,FORSAという会社が作ってるようです.

ライブディオAF34のリアブレーキシューを交換

リアのブレーキシューを交換します.

センターナットが外れません.

サービスマニュアルによると120[Nm]です.

つまり,1mの棒の端で訳12Kgのおもりを載せた時のトルクです.

インパクトドライバー買ったりして試しましたが,回らず・・・

紆余曲折の末:

ステンレスのパイプを持ってきてレンチを伸ばして回したら回りました.

IMG_6647

これがそのステンレスパイプで伸ばしたレンチです.

スタンドを下ろしてブレーキをおもいっきり握ったまま,これを足で踏み降ろしたら回りました.

IMG_6648

元についていたブレーキシュー
IMG_6649

これに交換します.

IMG_6652

取り付けたところ.

あとは元に戻して

トルクレンチでしめました.

ライブディオAF35 AF34 駆動系清掃 ミッションオイル交換

 

 

 

とりあえず一度も開けたことがないので様子を見るために

駆動系を開けてみました。

開けてみたところ

IMG_6350

かなりの汚れです。とにかく全部を綺麗にするのは大変なので一部の部品のみ清掃することにしました。

上の写真ではその清掃した部品が写っています。妙に綺麗なのがそれです。

清掃には

IMG_0102

サンエスK1を使いました。

近くのアストロプロダクツという店で買いました。

車両を整備するのに必要な工具や色んな物が売ってて非常に便利です。

 

これをお湯で溶かして作った液に、汚れた金属パーツを浸けると、油が溶けるの共に、金属の表面が光沢が出るほど綺麗になります。

噂に聞いてましたが、かなり実用的です。

 

というわけで他の部分はそのままです。

プーリー

IMG_6351 IMG_6352

クラッチ

 

とりあえずあとから考えるために写真をとっておきます。

IMG_6353

 

 

写真には写っていないのですが、プーリの横についてたギアみたいなのが

ベタベタだったので、サンエスK1で綺麗にして油を注して元に戻したら、

エンジンの音がとてもスムーズになりました。思わぬ収穫です。

 

 

つづいて、ミッションオイルの交換です。

用意したもの

IMG_6354

・オイルを捨てるための吸着の布

・箱(100円)

・油さし

・Zeal オイル

 

SAE10w-30のオイルでいいという記述を見たので、それを買って来ました。

zealというアメリカ製のオイルのようです。

ジールという響きからはクロノトリガーを思い出します。

それはいいとして、早速作業をします。

 

IMG_6355

こんなかんじでドレンボルトがついています。

 

IMG_6356

ドレンボルトを外したところ

 

車体を傾けると古いオイルが出て来ました。

明らかに、真っ黒です。ここのオイルは別に変えなくてもいいらしいですが

とりあえずやってみます。

 

IMG_6357

白い布と対比してその黒さがわかると思います。

古いオイルを抜いたら今度は新しいオイルを入れます。

 

というわけで油差しに90mlほどうつして用意します。

IMG_6358

 

これをいれてドレンボルトを閉めたら完了です。

ちなみに、この交換で少し押すのが軽くなったのかもしれませんが、ほとんど変わりはありませんでした。

 

ライブディオのフロントバスケットをつける

 

 

というわけで記事タイトルそのままですが

早速つけて行きましょう

IMG_6347

今回買ってきたものは、純正ではないです。値段も500円程度ですが、送料がかかってしまいました。

 

 

というわけで、付属のネジを使えばあっという間に

IMG_6348

バスケットがつきました。特に違和感はありません。

ちなみに作業時間はパスタを茹でている間の8分です。(本当に茹でていました。)

リアのバスケットもついていますがこちらは自転車用をつけました。

最初つかないかと思いましたが、ホームセンターの前で作業を行いつつ

サイズを合わせて、固定金具の間にネジ穴が開いた平たい金属板を間に噛ませたら、ぴったりつきました。

おかげで買い物が楽になりました。

ライブディオのタイヤを直す

 

 

かなり久しぶりの 更新になります。

ここ1ヶ月でいろいろなことがありました。

サーバーのHDDが壊れましてそれを交換などいろいろありました。

ということですが、手元に原付が着たのでこれに乗ろうとしてました。

いろいろ不具合がありまして、そのひとつとして今回はフロントタイヤのパンクを直しました。

 

 

これがあたらしく買ったタイヤです。

3.00×10というサイズでした。

 

フロントタイヤをはずすのは簡単にできました。

 

レンチで軸を回すとナットが外れて軸が抜けます。

ブレーキがすこし引っかかりますが引っ張ると抜けました。

 

でこれがはずしたタイヤです。

 

 

原付や車などのチューブレスのタイヤはビートというのがひっかかっててまずそれをはずさなければなりません。

ネットではずし方をしらべたら、道具を使う方法が一般的だそうですが、車でも長いこと踏んだら取れるとのことなので踏んでとることにしました。

 

というわけで外れました。

 

でここから、タイヤをはずすのですが正直よくわからないですが

自転車の要領で、めがねレンチと自転車のはずすやつをつかったら取れましたが

正式な方法でやるべきだと思います。・・・

とれたホイール

 

で今回取り付けるのがこのバルブL字なので空気が入れやすいとのことです。

重心のバランスがおかしくなるような気もしますが、大丈夫ということで、

126円くらいでした。

 

これが取り付けたところ、洗剤をとけてペンチで内側から引っ張ったら入りました。

 

そしてタイヤを入れます。最初道具で入れようとしてましたが入れるときは

足で踏んで入れたほうが楽に入りました。

このときに回転方向に気をつけて、矢印がある方向に回転するので

その方向にあわせないといけないそうです。

 

 

 

ともかくもとりあえずはタイヤが交換できました。後はこれに空気を入れて装着すれば完了です。

 

はずしたらこんなことになってます。

 

取り付け中

 

 

完成です。