logo

Tag Archive for スイス

ヨーロッパ鉄道旅行21日間 まとめ

さて無事に帰ったのですが,まとめておきたいと思います.

今回の旅でわかったことは,ヨーロッパの技術水準は非常に高いということです.

特にドイツ・スイスでは,ものの作りに明らかな精巧性を感じました.

日本はそういう意味では,やはりまだまだ伸びしろが残っていると思います.

 

今回訪れた国の

各国の違いを簡単に自分が感じた範囲でまとめてみたいと思います.

物価(主に食べ物):

スイス > モナコ公国 >フランス  > イタリア > ドイツ

これは圧倒的に,スイスが高いですがその代わりものも良いです.

ドイツは安くて,料理の量が結構あるため,食べ物を食べるという点では結構いいです.

イタリアも美味しいのに非常に値段は安いです.

ハンバーガーなんかは1ユーロであります.(ドイツでは3倍くらいする)

パスタとかピザ食べるならイタリアがいいのでしょう.

治安:

スイス > モナコ > ドイツ > フランス > イタリア

治安についてはスイスがとても良いです.それに比べてフランス・イタリアは移民が多いせいか

やはり,なんとなく治安は悪く,スリなども多い感じがします.

日本で暮らすのとは違ったテクニックが要るように思います.

しかしこの点では,やはり日本がここに入るとしたら一番上に来ますね.

日本の観光はこの点を押していくべきなんじゃないでしょうか

訪れた観光地はどれも面白かったですが

特にヴェネチアとニースとチューリッヒが私的には良かったです.

ニースの海岸で撮った映像です.

nice

Get the Flash Player to see this player.

写真だけでは,伝わりにくいと思うので上げておきます.

適度な旅は,人の心を豊かにするかも知れません.

というわけで,今回のこの記事が誰かの旅の計画の役に立てばそれは幸いなことです.

ヨーロッパ鉄道旅行21日間 第11日 スイス-イタリア・ミラノ

さてそれでは11日目を

あまりにも更新が遅れて正直もう記憶がかなり曖昧ですが写真を見ながらなんとか

復元したいと思います.

 

 

これが

美味しい野菜です.

Nusslisaltというみたいです.ものすごく美味しいです.

スイスに行ったらぜひこれが入ったサラダを食べて見ることをおすすめします.IMG_4536

IMG_4537

野菜コーナー

綺麗に並んでいます.

IMG_4538

ネギ

IMG_4539

キュウリ

IMG_4543

国会議事堂前でやっていた何かの集会

IMG_4544

たくさん人がいます.

 

IMG_4552

商店街にぶら下がっていた時計.

公衆の時計もクオリティが高いです.

 

IMG_4553

ベルンのスーパーで買ったサラダを食べながらイタリアへ

またこれも美味しかったです.

スイスのサラダは美味しかったです.

 

IMG_4556

向こうに山が見える・・・ピンぼけ

 

IMG_4560

これもピンぼけですが,このような景色の車窓で

 

IMG_4565

どんどん進んで行きました.

 

 

IMG_4569

 

ここでなにか,列車が停まりました.

 

IMG_4573

窓の外は非常に景色が綺麗です.

 

 

IMG_4582

こんな水を飲んでいました.これも値段が高かったと思います.

 

IMG_4584

そして,イタリアでしょうか.景色が変わってきます.

 

IMG_4586

列車の車内

 

IMG_4590

どこかの駅,思い出せません.

 

 

IMG_4595

なんというか,あきらかに違う景色になって来ました.

 

 

IMG_4599

距離感がわかりません.

 

IMG_4623

イタリアです.

IMG_4629

ミラノ市街まで走って来ました.

IMG_4638

 

ミラノ中央駅につきました.

 

 

 

IMG_4641

 

泊まる宿

 

IMG_4645

これがミラノ中央駅

非常に治安が悪い感じです.

 

 

IMG_4646

キラキラに見えますが,ミラノ中央駅付近はなかなかに危険なスポットです.

 

ヨーロッパ鉄道旅行21日間 第10日 スイス チューリッヒ-ベルン

———————————

旅の日数:10日目

リーダー記ではこちら

旅の中での位置:赤色にいる

ドイツ(ベルリン・フランクフルト・ケルン・ミュンヘン)

→スイス(チューリッヒベルン

→イタリア(ミラノ・ヴェネチア)

→フランス(ニース・パリ) モナコ公国

———————————

さてこの日はスイス国内をチューリッヒからベルンに移動する日です。

列車までには時間がありますので

午前中はチューリッヒの観光をしました。

 

ホテルを出て少し歩けばすぐ、路面電車の停留所があります。

私は数Mと、路面電車に乗って、アインシュタインの母校チューリッヒ工科大学(ETH)を目指すことにしました。

IMG_4372

チューリッヒの路面電車、坂道もグングン登るすごい電車です。

 

街の様子。ドイツとはまた違った雰囲気です。

IMG_4373

 

チューリッヒ工科大学は丘の上にあります。

行き方はケーブルカーと路面電車がありますが、行きは路面電車です。

 

IMG_4375

こういう坂道を路面電車がグングン登るのはスイス独自の技術なのでしょうか

なかなか、ありそうでない光景です。

 

IMG_4376

路面電車から見たらこんな街並みです。

というわけで結構すぐに、チューリッヒ工科大学につきました。

とりあえず構内をうろついてみます。

IMG_4378

 

なんか日本語で書かれた経済学の本が展示されていました。

IMG_4379

 

敷地を歩いていると、こんな建物が、

IMG_4382

聞いてみると医学部?らしい。

 

理系の建物にいろいろ歩いているとつきました。

IMG_4387

なんだかいろいろ数式が書かれている掲示板を発見しました。

 

せっかくアインシュタインの母校に来たので図書館をみて見ることにしました。

IMG_4390

理工系の図書をみてると、ありました。アインシュタイン著の

相対論の意味(邦題) THE MEANING OF RELATIVITY

とりあえず記念撮影しました。

 

IMG_4392

大学の建物はこんなかんじでかなりかっこいいです。

チューリッヒ工科大学は世界中から学生が来ている感じで国際色豊かでした。

 

IMG_4393

別に入り口で止められることもなく普通に入れます。

お腹がすいたので、大学の食堂に行って食べ物を食べることにしました。

 

IMG_4397

これはあるいてたら見つけたジェットエンジンの展示です。

 

というわけで、学食で食べ物を食べます。

ホットドックが食べたかったのでそれを注文したと思います。

IMG_4400

このホットドックパンが凄く硬かったですが、

いつの間にかこういう固いパンにも慣れてたのかもしれません。

 

IMG_4401

食堂の雰囲気

ちなみにこの食堂の近くに、文房具とかいろいろ売ってる売店があったのでETHと書かれたボールペン(1フラン)など色々買いました。

大学の見学が終わったので

今度はケーブルカーで下ります。

IMG_4403

といっても大した距離はありません。100mほどだったと思います。

 

IMG_4406

こちらはついた先の駅です。

乗ってる人はほとんど学生でした。

 

IMG_4408

今度は路面電車に乗って、チューリッヒで有名なチョコレート屋を目指します。

 

IMG_4410

チューリッヒの中心街の道には路面電車が走っていてとても便利です。

 

IMG_4411

こんなかんじで、道路の真中を走っています。

 

IMG_4413

映画に出てきそうな街です。

 

これがそのチョコレート屋さん、たくさん人が来てました。

たくさん買って帰りたいところですが、このチョコレートは非常に高額なので

おみあげに最低限だけ買いました。

IMG_4417

 

その後、駅に戻りホテルで荷物を受け取って電車に乗って、

スイスの首都、ベルンに移動しました。

 

 

というわけで、ベルンに到着です。

IMG_4421

ベルン(中央?)駅

 

天気がいいので観光したいですが、すぐにホテルに移動です。

スイスのホテルは、かなり高額で1泊の値段が大体ドイツの1.5~2倍くらいでした。

しかし、朝食や部屋の感じは結構良い感じでした。

これがホテル入口付近

IMG_4424

街自体が世界遺産とあって、観光地という感じです。

IMG_4425

沢山の観光客がいました。

 

IMG_4426

ホテルの部屋につきました。

何故か洗面台が2個ありました。

部屋はそれほど広くないですが、必要な物はいろいろ揃っていました。

 

日暮れ前までにベルンの観光に行きました。

IMG_4427

スイスに来てから、空は晴天なので外を歩くのも気分がイイです。

 

IMG_4428

スイスの国会議事堂

 

IMG_4432

こういう工事中のところもありました。

 

IMG_4435

街全体がとても綺麗です。

 

IMG_4436

これは観光中に見つけた、よくわからないオブジェ

足だけが道路を渡ろうとしています。どういう意味なのでしょうか。

 

IMG_4441

ベルンの街は小さな離れ小島みたいになっているので歩くとすぐ市街地の端に出ます。

 

IMG_4444

ここでも路面電車が走っていました。、バスもやはり大きいです。

 

IMG_4445

これがその端まで来たところです。

ここでわたらず、我々は下に降りて見ることにしました。

 

IMG_4449

下には川があります。結構な高さを降りるとそこにも下の街がありました。

 

IMG_4450

あまり見たことのない車がありました。

 

IMG_4454

下に降りても町並みはとても綺麗です。

 

IMG_4457

ひと通り歩いてみると、地元民が行くようなスーパーなどがあったのでいろいろ買いました。

そこらか歩きながら、上に上がる通路を探してるとありました。

 

一体いつからこの通路を使っているのでしょうかそれほど歴史が長そうに感じました。

IMG_4458

かなり風流です。

 

IMG_4462

上から見たベルンの階段下の街並み

 

IMG_4465

そこから熊がいる動物園みたいな方向に歩きまして

ベルンの市街地がよく見えそうな丘の上の展望台まで行きました。

 

IMG_4479

沢山の観光客が着ていて、みんな旅の途中で休憩している感じでした。

そういうわけで我々もしばし休憩しました。

 

IMG_4507

目ではとても綺麗に見えてるのですが、逆光なのでこのような写真になってしましました。

 

さて、休憩できたのでそのまま中心部まで戻ります。

IMG_4518

ベルンの中心部はお堀みたいに川に囲われています。

IMG_4519

こんな待ちです。

お土産屋でスイスアーミーナイフをみたり、腕時計を見たりして歩いていると

面白い乗り物がありました。

IMG_4521

自分で漕ぐのと、電動モーターが入ってるのでしょうか

 

IMG_4522

 

こういう車両が日本でも欲しいです。

それと噂通りベルンの家も、1軒に1つ地下シェルターがありました。

観光地からか、ここではシェルターを店の売り場に使ってたりしてました。

 

日没になって暗くなってきたので夕食を食べます。

リーダーの事前情報で、チーズフォンデュを食べたいということで

その店を探して入りました。

IMG_4529

ええ、やはりお値段はスイスです。クレジットカード決済で食事をしました。

その料理の写真は無いですが、前菜で持ってきたサラダのある野菜があまりにも美味しかったため

店の人に聞いてみましたところヌッサラ(そう聞こえましたw。NUSSALATみたいな綴り)というらしい。

とても美味しい、覚えました。

IMG_4530

こういう感じでわたしはいつも水(店で飲むと高い)を飲んでいます。

 

 

 

ヨーロッパ鉄道旅行21日間 第9日 ミュンヘン-スイス チューリッヒ

———————————

旅の日数:9日目

リーダー記ではこちら

 

旅の中での位置:赤色にいる

ドイツ(ベルリン・フランクフルト・ケルン・ミュンヘン

→スイス(チューリッヒ・ベルン)

→イタリア(ミラノ・ヴェネチア)

→フランス(ニース・パリ) モナコ公国

———————————

 

さて、この日はついにドイツから国境を超えてスイスに行く日です。

ドイツはいろいろと素晴らしい技術と食べ物がありました。

というわけで、鉄道に乗ります。

 

これは駅前で売ってたエビです。

ドイツに来てから肉肉ジャガイモジャガイモ、肉肉なので、海産物はとても久しぶりで、ものすごいいい匂いが立っていました。

IMG_4313

リーダーが購入していたと思います。僕もいただきました。かなりいい値段がしたようです。

ということで、スイスに向かう列車の中です。

 

IMG_4315

スイスに近づくとそれまでの曇空は突然晴れ渡りました。

ドイツは曇空の気候なのでしょうか

 

IMG_4316

列車の中にあった地図

 

IMG_4317

外の風景

これまでの高速鉄道と違って、ゆっくりですが景色がとても綺麗です。

列車は国境の町で一回長いこと停車しました。

飲み物を買ってきたり、写真写しているとあっという間にまた発車です。

 

IMG_4318

次来るならここら辺からスタートしたいというような場所です。

 

 

 

IMG_4320

この画像のあたりは、スイスとオーストリアの国境付近だと思います。

そして、あとで分かったことですが、

一瞬列車はオーストリアに入っていました。

 

 

IMG_4322

後ろに連結されていた列車

 

IMG_4323

列車に連結された我々の旅行かばん

 

IMG_4325

車窓

 

IMG_4327

とても、いい景色です。

 

IMG_4329

国境付近のこの町はリゾートには最適かもしれません。

が、今回はスイス、チューリッヒまでノンストップです。

 

IMG_4331

 

近代的な家も見えます。

 

 

 

IMG_4332

列車と並走していた車、EU圏内の人は休暇に車でいろいろなところに行けて楽しそうです。

 

IMG_4333

車窓

 

IMG_4335

ほんとに空は晴れ渡って、かなり気持ちのいい車窓でした。

 

というわけで、スイスのチューリッヒにつきました。

チューリッヒについてまず感じたことは町が狭いです。

そして異常なことに、暖かかったです。

異例なほどヨーロッパは暖かくなっていたようです。

つい最近まで雪が降っていた季節だったはずですが、チューリッヒでは

なんと半袖の人もいました。

IMG_4340

とても綺麗な街です。

そして、スイスは人がとても親切です。車は赤だとちゃんと止まってくれますし、青でも道を開けてくれます。

この街の雰囲気は私はとても気に入りました。

しかし、物価は異常に高いです!特にドイツがそれなりに安かったのでこの差は激しく感じました。1.5倍~2倍くらいでしょうか

ホテルに付いたら、観光に行きました。

IMG_4343

わたしは、はぐれてしまいまして、郵便局に行ってはがきを送りました。

ガイドブックに書いてあったようにairmailとJAPANと書いてairmailで日本に送ってほしいといえばすぐ切手を貼って50円~100円で送ってくれます。日本から外国に送るより、外国から日本に送るのはとても簡単で安いですね。

IMG_4345

これは整理券です。こういう番号などが機会で発行できるところなども

日本のそれと近いと思いました。それほど文化的なものが近く感じます。

 

IMG_4347

町並み、道は狭く建物はドイツより少し小さいです。

はぐれたのですが、デパートを歩いていると偶然二人にも会えまして、

やはり小さな町ですね。そのまま湖の方まで歩きました。

IMG_4350

とても綺麗な夜景が見えました。

 

 

IMG_4357

本当にここはもう一度行ってみたいところです。

 

 

IMG_4363

チューリッヒは歩いて観光ができるほど小さな町で、路面電車の交通網もしっかり整備されています。

 

 

歩いて、お腹がすいたのでレストランに行きました。

 

IMG_4365

パスタ、これで3000円くらいです。ありえない高さです。

スイス旅行の際は、たくさん現金を用意したほうがよさそうです。

 

 

IMG_4366

この店で食べました。

 

IMG_4367

これはホテルまでの帰りにあった日本食レストラン

 

IMG_4368

拡大するとわかりますが基本的に8000円くらいの値段がついてます。

 

そして、旅の中で唯一ここチューリッヒのみホテルで部屋に飲める水を置いていました。

ホテルのエレベーターは、ドアが手動式になっており結構新鮮な感じでした。

時たまズレて止まったりもしていましたが、システムはしっかりしてたので安心です。

IMG_4370

これはスイスのホテルのコンセント、最初見たときはどういう仕組みかと思いましたが

ドイツのプラグを斜めに挿せば使えました。面白い形です。

 

ミラノに到着しました

 

しばらく、更新できませんでしたが、

いつのまにかスイスを通ってイタリアに到着しています。

 

これは、ベネチアです。

 

2日目には、最後の晩餐がある教会

サン・マリア・デッレ・グラツィエ教会です

 

到着したのですが、予約がいるらしく、見ることはできませんでした。

絵の保存のため、25人ずつ15分に一回ずつしか見ることができないようです。

行く際には御気ををつけ下さい。

 

 

順番が前後しますが

これは、ベルンの国会議事堂の建物

ベルンの街並みは世界遺産だけあって、ものすごい綺麗です。

 

 

寿司がありました。

 

スイスの特急からの車窓、向こうに見えるのは、アルプス山脈でしょうか?

 

 

というわけで、いまはイタリアのミラノにいます。

もういちど、

ベネチアの写真。ボンゴレのスパゲッティがとても美味しかったです。