logo

Archive for 2013年1月28日

ライブディオAF35 AF34 駆動系清掃 ミッションオイル交換

 

 

 

とりあえず一度も開けたことがないので様子を見るために

駆動系を開けてみました。

開けてみたところ

IMG_6350

かなりの汚れです。とにかく全部を綺麗にするのは大変なので一部の部品のみ清掃することにしました。

上の写真ではその清掃した部品が写っています。妙に綺麗なのがそれです。

清掃には

IMG_0102

サンエスK1を使いました。

近くのアストロプロダクツという店で買いました。

車両を整備するのに必要な工具や色んな物が売ってて非常に便利です。

 

これをお湯で溶かして作った液に、汚れた金属パーツを浸けると、油が溶けるの共に、金属の表面が光沢が出るほど綺麗になります。

噂に聞いてましたが、かなり実用的です。

 

というわけで他の部分はそのままです。

プーリー

IMG_6351 IMG_6352

クラッチ

 

とりあえずあとから考えるために写真をとっておきます。

IMG_6353

 

 

写真には写っていないのですが、プーリの横についてたギアみたいなのが

ベタベタだったので、サンエスK1で綺麗にして油を注して元に戻したら、

エンジンの音がとてもスムーズになりました。思わぬ収穫です。

 

 

つづいて、ミッションオイルの交換です。

用意したもの

IMG_6354

・オイルを捨てるための吸着の布

・箱(100円)

・油さし

・Zeal オイル

 

SAE10w-30のオイルでいいという記述を見たので、それを買って来ました。

zealというアメリカ製のオイルのようです。

ジールという響きからはクロノトリガーを思い出します。

それはいいとして、早速作業をします。

 

IMG_6355

こんなかんじでドレンボルトがついています。

 

IMG_6356

ドレンボルトを外したところ

 

車体を傾けると古いオイルが出て来ました。

明らかに、真っ黒です。ここのオイルは別に変えなくてもいいらしいですが

とりあえずやってみます。

 

IMG_6357

白い布と対比してその黒さがわかると思います。

古いオイルを抜いたら今度は新しいオイルを入れます。

 

というわけで油差しに90mlほどうつして用意します。

IMG_6358

 

これをいれてドレンボルトを閉めたら完了です。

ちなみに、この交換で少し押すのが軽くなったのかもしれませんが、ほとんど変わりはありませんでした。

 

ubuntu linux カーネル更新 3.2.0-36 

久しぶりにubuntu 12.04LTSのカーネル更新が入ったので

試してみます。

アップデートされるパッケージは

Linux-image-3.2.0-36-generic

です。

 

Applying changes_008

 

というわけで早速upgradeしたところ

 

def@fine: ~_011

こんなかんじです。

 

そして、デスクトップはこんな状態です。

Workspace 1_015

 

新しいカーネルは今のところかなり安定してるように見えます。

なによりSSDにしたのが効いてるのか動作が非常に速いです。

windows7よりも、もしかしたらこっちのほうがいいかもしれません。

デスクトップもCairo-Dockをいれてからというものとても使いやすいです。

天気予報やCPUの使用率や時刻、ファイルの履歴などいろいろデスクトップからアクセスできますし、日常使うソフトは下のランチャーに入れておけばすぐにソフトも立ち上げられます。

左上にはgoogleカレンダーから予定を表示する

GoogleCalendarScreenletというものをおいてます。これもとてもお勧めです。

Wineからたいていのwindowsソフトは立ち上がりますし、使えない場合もVMwareから仮想マシンで動かせば動くので

もしかして、OSはこれからはLinux一択で行ってもいいのかもしれません。安定したlinuxは非常にいいですね。

 

ライブディオのフロントバスケットをつける

 

 

というわけで記事タイトルそのままですが

早速つけて行きましょう

IMG_6347

今回買ってきたものは、純正ではないです。値段も500円程度ですが、送料がかかってしまいました。

 

 

というわけで、付属のネジを使えばあっという間に

IMG_6348

バスケットがつきました。特に違和感はありません。

ちなみに作業時間はパスタを茹でている間の8分です。(本当に茹でていました。)

リアのバスケットもついていますがこちらは自転車用をつけました。

最初つかないかと思いましたが、ホームセンターの前で作業を行いつつ

サイズを合わせて、固定金具の間にネジ穴が開いた平たい金属板を間に噛ませたら、ぴったりつきました。

おかげで買い物が楽になりました。

ライブdioのブレーキパッドを交換する AF34 AF35

 

 

 

 

ブレーキパッドの寿命がそろそろきそうなので交換します。

こちらが新しいパッド

IMG_6329

 

アマゾンで買いました。送料込みで900円ほど

 

IMG_6328

新品は、これだけ厚みがあります。

 

 

IMG_6330

こちらが今ついていたブレーキパッド、もう終わってるんじゃないかという疑惑の一品

 

 

IMG_6333

新旧比べてみた写真

明らかに厚みが違います。

 

IMG_6334

ネジを外していくとこんなかんじでパッドが外れた状態になります。

でここから難儀したのですが、ブレーキのピストンがなかなか戻りませんでした。

いろんな工具で押してみても戻らない・・・・・

ホントはこれ分解して掃除したほうがいいとは思いますが、今回はどうにかして戻しました。

 

 

そこでインターネットを見ていると、万力を使えば良いとのこと

IMG_6336

押しているところ、古いブレーキパッドを当てて押しています。

ということでこの方法でやってみたところ案外すぐに戻りました。

 

IMG_6338

この押し方をするまでに、変な押し方してしまったため。すこし、傷が入ってしまいました。

がとりあえず目的のところまで戻すことができました。

途中戻らないときに、一回ブレーキフルードを抜いてしまったため、

再度充填させてエア抜きを行いました。

 

というわけで、新しいブレーキパッドをつけて元に戻して終わりです、

 

 

IMG_6326

ちなみに、IPHONEのホルダーをつけてみました。

 

 

海までいこうとなって

 

 

 

海まで原付で出かけてみました。

山口市が出発地です。それでは出発です。

すこし走っていると神社のような建物がありました。

IMG_6304

岩戸神楽というものみたいです。お参りします。

 

IMG_6305

岩戸神楽

非常に趣がある建物です。

 

さらに海に向けて下っていきます。

 

IMG_6306

山口は田んぼがとても広大です。

 

 

IMG_6307

何故か2枚撮影

 

ずっと下って行くと小郡につきます。

 

さらに川の土手沿いに下っていきます。

IMG_6309

土手の反対にとても綺麗な山が見えます。

地図で確認したところ、どの山頂がどちらになるのか、よくわかりませんが

左から、陶ケ岳と火の山というみたいです。

 

 

IMG_6310

だんだん海が近づいてきます。しじみが捕れそうな感じです。

 

更にそこより下っていきますと

IMG_6311

周防大橋にでくわします。

 

さてこの橋の近くの山の上には公園があるようです。

そこに行ってみます。藤尾山公園というようです。

景色がよさそうなので登ってみます。

IMG_6312

昔はこの公園の場所で電球のフィラメントの原料のタングステン鉱が取れてたようです。

 

IMG_6313

藤尾山公園の上から見た景色 海向き

遠くに見えるのはきららあじす(きららドーム)です。

 

IMG_6314

頂上にはなぜか唐突に巨大な滑り台があります。

 

IMG_6315

100mはある感じです。

 

IMG_6316

登り口のこの本格度、なぜこんなところに・・

ちなみに遊んでる人は誰もいませんでした、が公園から帰るときに、子供連れの家族とすれ違いました。

 

これだけ本格的ならもっと人が来てもよさそうです。

 

IMG_6317

すべってみます。

longslide

Get the Flash Player to see this player.

 

 

IMG_6318

ちなみに滑り台の上からはさっきの周防大橋がよく見えました。

 

IMG_6319

山口市方面

iphoneでパノラマ撮影してみました。

IMG_0050

海側

IMG_0051

山側

 

 

海が見えたのでここで引き返します。

帰宅途中に古墳を見つけました。

IMG_6320

案内板

IMG_6322

大浦古墳群公園というようです。

 

 

 

牛窓海水浴場前農地_2013年1月6日

 

1月6日に海水浴場前の農地でじゃがいもの収穫を行いました。

その様子です。

 

IMG_0039

これがじゃがいもです。

茎から枯れています。が地面にはじゃがいもがあります。

今回黒いシートで覆ってみたところ、一部のじゃがいもが地面の浅い部分にできてしまい、寒い日に凍って、昼間に解凍してと繰り返すうちにじゃがいもの其の部分が腐ってしまいました。

覆わないほうがよさそうです。ともかく掘り返す作業をしましてIMG_0040

無事収穫できました。じゃがいも

 

IMG_0041

これは、でき具合別にわけたところ、右の一群がまともなじゃがいもで

左は少しおかしい部分があるもの。上は次に植えるときに種芋にします。

 

ヨーロッパ鉄道旅行21日間 第10日 スイス チューリッヒ-ベルン

———————————

旅の日数:10日目

リーダー記ではこちら

旅の中での位置:赤色にいる

ドイツ(ベルリン・フランクフルト・ケルン・ミュンヘン)

→スイス(チューリッヒベルン

→イタリア(ミラノ・ヴェネチア)

→フランス(ニース・パリ) モナコ公国

———————————

さてこの日はスイス国内をチューリッヒからベルンに移動する日です。

列車までには時間がありますので

午前中はチューリッヒの観光をしました。

 

ホテルを出て少し歩けばすぐ、路面電車の停留所があります。

私は数Mと、路面電車に乗って、アインシュタインの母校チューリッヒ工科大学(ETH)を目指すことにしました。

IMG_4372

チューリッヒの路面電車、坂道もグングン登るすごい電車です。

 

街の様子。ドイツとはまた違った雰囲気です。

IMG_4373

 

チューリッヒ工科大学は丘の上にあります。

行き方はケーブルカーと路面電車がありますが、行きは路面電車です。

 

IMG_4375

こういう坂道を路面電車がグングン登るのはスイス独自の技術なのでしょうか

なかなか、ありそうでない光景です。

 

IMG_4376

路面電車から見たらこんな街並みです。

というわけで結構すぐに、チューリッヒ工科大学につきました。

とりあえず構内をうろついてみます。

IMG_4378

 

なんか日本語で書かれた経済学の本が展示されていました。

IMG_4379

 

敷地を歩いていると、こんな建物が、

IMG_4382

聞いてみると医学部?らしい。

 

理系の建物にいろいろ歩いているとつきました。

IMG_4387

なんだかいろいろ数式が書かれている掲示板を発見しました。

 

せっかくアインシュタインの母校に来たので図書館をみて見ることにしました。

IMG_4390

理工系の図書をみてると、ありました。アインシュタイン著の

相対論の意味(邦題) THE MEANING OF RELATIVITY

とりあえず記念撮影しました。

 

IMG_4392

大学の建物はこんなかんじでかなりかっこいいです。

チューリッヒ工科大学は世界中から学生が来ている感じで国際色豊かでした。

 

IMG_4393

別に入り口で止められることもなく普通に入れます。

お腹がすいたので、大学の食堂に行って食べ物を食べることにしました。

 

IMG_4397

これはあるいてたら見つけたジェットエンジンの展示です。

 

というわけで、学食で食べ物を食べます。

ホットドックが食べたかったのでそれを注文したと思います。

IMG_4400

このホットドックパンが凄く硬かったですが、

いつの間にかこういう固いパンにも慣れてたのかもしれません。

 

IMG_4401

食堂の雰囲気

ちなみにこの食堂の近くに、文房具とかいろいろ売ってる売店があったのでETHと書かれたボールペン(1フラン)など色々買いました。

大学の見学が終わったので

今度はケーブルカーで下ります。

IMG_4403

といっても大した距離はありません。100mほどだったと思います。

 

IMG_4406

こちらはついた先の駅です。

乗ってる人はほとんど学生でした。

 

IMG_4408

今度は路面電車に乗って、チューリッヒで有名なチョコレート屋を目指します。

 

IMG_4410

チューリッヒの中心街の道には路面電車が走っていてとても便利です。

 

IMG_4411

こんなかんじで、道路の真中を走っています。

 

IMG_4413

映画に出てきそうな街です。

 

これがそのチョコレート屋さん、たくさん人が来てました。

たくさん買って帰りたいところですが、このチョコレートは非常に高額なので

おみあげに最低限だけ買いました。

IMG_4417

 

その後、駅に戻りホテルで荷物を受け取って電車に乗って、

スイスの首都、ベルンに移動しました。

 

 

というわけで、ベルンに到着です。

IMG_4421

ベルン(中央?)駅

 

天気がいいので観光したいですが、すぐにホテルに移動です。

スイスのホテルは、かなり高額で1泊の値段が大体ドイツの1.5~2倍くらいでした。

しかし、朝食や部屋の感じは結構良い感じでした。

これがホテル入口付近

IMG_4424

街自体が世界遺産とあって、観光地という感じです。

IMG_4425

沢山の観光客がいました。

 

IMG_4426

ホテルの部屋につきました。

何故か洗面台が2個ありました。

部屋はそれほど広くないですが、必要な物はいろいろ揃っていました。

 

日暮れ前までにベルンの観光に行きました。

IMG_4427

スイスに来てから、空は晴天なので外を歩くのも気分がイイです。

 

IMG_4428

スイスの国会議事堂

 

IMG_4432

こういう工事中のところもありました。

 

IMG_4435

街全体がとても綺麗です。

 

IMG_4436

これは観光中に見つけた、よくわからないオブジェ

足だけが道路を渡ろうとしています。どういう意味なのでしょうか。

 

IMG_4441

ベルンの街は小さな離れ小島みたいになっているので歩くとすぐ市街地の端に出ます。

 

IMG_4444

ここでも路面電車が走っていました。、バスもやはり大きいです。

 

IMG_4445

これがその端まで来たところです。

ここでわたらず、我々は下に降りて見ることにしました。

 

IMG_4449

下には川があります。結構な高さを降りるとそこにも下の街がありました。

 

IMG_4450

あまり見たことのない車がありました。

 

IMG_4454

下に降りても町並みはとても綺麗です。

 

IMG_4457

ひと通り歩いてみると、地元民が行くようなスーパーなどがあったのでいろいろ買いました。

そこらか歩きながら、上に上がる通路を探してるとありました。

 

一体いつからこの通路を使っているのでしょうかそれほど歴史が長そうに感じました。

IMG_4458

かなり風流です。

 

IMG_4462

上から見たベルンの階段下の街並み

 

IMG_4465

そこから熊がいる動物園みたいな方向に歩きまして

ベルンの市街地がよく見えそうな丘の上の展望台まで行きました。

 

IMG_4479

沢山の観光客が着ていて、みんな旅の途中で休憩している感じでした。

そういうわけで我々もしばし休憩しました。

 

IMG_4507

目ではとても綺麗に見えてるのですが、逆光なのでこのような写真になってしましました。

 

さて、休憩できたのでそのまま中心部まで戻ります。

IMG_4518

ベルンの中心部はお堀みたいに川に囲われています。

IMG_4519

こんな待ちです。

お土産屋でスイスアーミーナイフをみたり、腕時計を見たりして歩いていると

面白い乗り物がありました。

IMG_4521

自分で漕ぐのと、電動モーターが入ってるのでしょうか

 

IMG_4522

 

こういう車両が日本でも欲しいです。

それと噂通りベルンの家も、1軒に1つ地下シェルターがありました。

観光地からか、ここではシェルターを店の売り場に使ってたりしてました。

 

日没になって暗くなってきたので夕食を食べます。

リーダーの事前情報で、チーズフォンデュを食べたいということで

その店を探して入りました。

IMG_4529

ええ、やはりお値段はスイスです。クレジットカード決済で食事をしました。

その料理の写真は無いですが、前菜で持ってきたサラダのある野菜があまりにも美味しかったため

店の人に聞いてみましたところヌッサラ(そう聞こえましたw。NUSSALATみたいな綴り)というらしい。

とても美味しい、覚えました。

IMG_4530

こういう感じでわたしはいつも水(店で飲むと高い)を飲んでいます。