logo

Archive for 2010年12月30日

スプリングを加工l

解体屋で、スプリングを2本100円で仕入れました。

今回はこれをたたいて伸ばしていくということです。

バーベキュー用のコンロを使います。

バーベキュー用の木炭をつかいます。

スプリングの切断にはジスクグラインダー

これで大丈夫でしょうか

炭に火がつきました

お昼になったので、ここで一息、豚肉を焼きます。

これはカレーに入れて食べました。

そして後半へ

なかなかまっすぐに出来るまで温まらないとのことで、

イットカンを切っての挑戦です。

スプリングを加工できるまでに温度を上げるのは結構難しいようで、

日も年も暮れてきたので一旦休憩です。

共同農地_牛窓 12月27日

12月27日の様子です。

コンポストのような、立て返しの肥料の根元に植えてないのに出てきた

ダイコン2本と

謎の植物

ダイコンです。

収穫しました。

ニンニクのプランター

キャベツ?

ブロッコリーはかなり大きくなってきました。

ブロッコリーの後ろにカリフラワーがあります。

ジャンボニンニクとニンニク

白菜です。

堆肥に追加して、砂が運ばれてきました。

牛窓_釣り

サヨリ釣りに来ました。

西脇の海水浴場の隣です。

この日は風が強く、寒くて、そして何もつれませんでした。

HDDを分解する

MAXTORのHDDを捨てる前に中を見てみました。

星型のねじも回せます。

シールの下にねじがあります。

ディスク

ヘッドの駆動部分にものすごい強力な磁石があります。

ヘッド

指紋がついてしまいました。

ディスクを取り出しました。

部品を取り外したHDDのケース

CF-R5の液晶ケーブル交換

さてそれではここからはじめます。

症状としては、バックライトが液晶の角度を変えると消えるようになってしました。

これでは、画面が見えず作業ができないので、たぶんケーブルが断線してるのじゃないかと考えて、ケーブルの交換をやってみます。

ここまでの分解については前回の記事(タグCF-R5)をご参照ください

それではここから交換を開始します。

液晶のケーブルを慎重にはずします。

特に線の数の多いほう液晶ケーブルを抜くのはケーブルが細いため慎重にしたほうが良いみたいです。

それでは液晶の本体部分を分解していきます。

ネットで探したのですがいまいち資料がなかったのですが

つめをこじ開けるという情報を頼りに作業します。

左右にある4本のねじをはずせばあとは4方のつめだけでくっついています。

したがってこの部分をこじ開けていきます。

このとき、作業中に発見したのですが、つめの部分をダイレクトに攻めないと

なかなかあきません。

ほかにだれかが挑戦するときのために、穴の位置がわかるように画像をあげておきます。

パソコンを開いて液晶を見たときに左が天板の左側としています。

天板を左側から見たところ

天板を上から見たところ

天板を右から見た図 (つめの位置は左右対称です。)

天板を下から見たところ (これもつめの位置は上下対称になっています。)

こじ開けるこつは、このつめの位置に細いものを差しこむことのようです。

位置がずれたところに差し込んだ場合、なかなか天板がツメから外れませんでした。

なかなか苦戦しましたが、こつがわかると作業ははかどり、なんとか天板をあけることができました。

液晶パネルの裏はこのようになっています。

ケーブルを交換して元に戻すのですがこのとき。ACアダプタ付近のおき方を

迷いました。

分解するときは良く覚えておいたほうがよさそうです。

よくわからなくなった図 _あってるのかな?

一応直ったようなんですが、実は同じ問題が発生しました。

この問題も次回に続くでしょう。

交換したあとの残ったケーブルを分解してみました。

やはり断線していました。

となると交換したケーブルも断線してるのでしょうか。

CPUの交換

さてこれが本体です。

すぐ外せます。

ふたを開けました。

上に上がります。

FUJITSUのパソコンはサーバー専用機のようにメンテナンスが楽です。

CPUクーラーが結構硬かったですが何とか外せまして

SL6WFがついてました。

ダクトを戻して完了です。

10Wほど電力消費があがりました。

CF-R5 パームレスト交換

分解方法については

http://blog.livedoor.jp/otaqe/archives/52135659.html

を参考にしました。非常にわかりやすいです。

インターネットでしらべたら分解方法が載っていたのでそれにあわせて作業をします。

まず裏面のねじ8本をはずします。そのうち2本は銀色のシールで隠してあります。

ねじは忘れないように磁気トレイにいれます。

ねじをはずしたらバッテリーのところにある。キーボード固定の金具をスライドさせてはずします。

このような薄いアルミです強く引っ張るとキーボード側のつめが折れるらしいので、慎重に作業します。

さてパームレストが見えてきました。

加えて右と左にある。ゴムで隠してあるところをピンセットで慎重に取って、ねじをはずします。

次はパームレストを固定してある7本のねじをはずします。

所長が視察にきていました。

さてパームレストを取り外すと大体の部品にアクセスできるようになります。

ところで今回はパームレストを交換するのが目的でしたので

取り付けて元に戻します。

何とか戻りました。

所長も起きました。