チキュー工房VS.瀬戸内農業集団

大都会岡山での快適生活

Archive for 11月, 2010

前回までのあらすじ

いろいろあった。

 

某政令指定都市で去年に成り立てほやほやで再来年くらいに財政破綻しそうな大都会岡山では今年国民文化祭なる物があったが別に関係はないようである。

よくしらんし、わし。

そんなこんなで先日、岡山一番街からどっかのホテルまでつづく回廊にアートロードなるものがあり。

そこに、なんと、どうせみんな知ってるだろうけど我らが「青春とネコ」が展示されてます。

まじです。

手違いで展示されちゃってます。

まわりがまともな絵画やらを飾ってるってのに我々は「青春とネコ」です。

観る者を発狂させ、そばにいるだけで磁界が狂い、空間をゆがませる奇跡の絵画(大嘘)ですよ。

なんたってお代はただ、アートロードを通るだけでもれなく発狂が付いて来るんだからこりゃあ行かないては無いってばよ(岡山出身なのリスペクト)!

というわけで皆様。

岡山にお越しの際は是非、チキュー工房の血と汗と涙の結晶を見れるもんならみやがれってんだってばよ!

ar

チキュー工房と死の秘宝 Part1

前回までのあらすじ。

瀬戸内農業集団の放った新型爆弾で華々しく散ったと思われていたチキュー工房は生きていた!

九死に一生を得たチキュー工房は地下に潜り、反撃の時を静かに待っていた・・・(大嘘)

それはそもかくとしてですね。

ついに下絵として完成した我らが「青春とネコ」を本当の絵として仕上げる時が来てしまったのですよ。

実は火急の用事で仕上げなくてはいけない事となったからなのは公然の秘密。

それはともかくとして今回は前回で余った油絵の具だけでは心もとないので盟主Xが追加で補充。

まずは中古の油絵の具、ところどころ使った痕跡があるけど半分くらい未使用。

そして本命の170mlのビッグな絵の具。

チャイニーズズ謹製で馬鹿でかいチューブにびっくり。

容量を考えればおどろくこたぁないんだけど、まあびっくりしたんだよ!

というわけで

こいつを塗るべし塗るべし!

途中経過はこんなかんじ。

盟主Xが写っている。

そして

完成だ!

というわけでついに未完の大作で終わらすところだった「青春とネコ」が完成してしまいましたよ、まじで。

いやはや、構想20年は伊達じゃないねぇ。

写真はちょいとぼけているけどこれは配慮です。

実物を見ると精神を犯され発狂します。

見る者の不安を喚起する絵画。

じつはこれを、実物を見ることが出来るんですね。

というわけでまさかの芸術街道侵攻は次回更新にて。

モノクロ


近所のスーパーのイートインでの一枚。
モノクロだと味気ないですね。

ネタが無いので先月の境港での写真。

盟主Xの誘いに乗り、ポンチョさんと島根あたりを経由して境港に行ったのが先月。

生憎の雨でしたがそれも一興。
そして奥出雲のおろちの何とかというカーブがギュオンギュオンしているところを通って境港に行く途中、おろちの何かのふもとにあるそれまた何かで一休み。

バカ高いお米やらうまそうなお酒が売ってましたよ。
あと併設するミュージアム的なところに我々チキュー工房の100号を凌駕する大きさの絵が掲げられて非常に憤慨した物です。
勝手な話ですがね。
これで次回は300号という無謀な計画が進められるかもね。

そして急カーブ的なものを抜けた所に合ったのが「延命水」です。
読んで字のごとく「命を延ばす水」ですよ。
これはもう汲んで汲んで命を延ばすしかないぜよ。
と思ったから先客がポリタンクでやっていたなんだか、そういうものか。
と思ったのは秘密。

そしてついに境港周辺に到着したのでした。
-終劇-